借金の問題は自己破産で解決【弁護士に相談して解決する】

全ての借金がなくなるか

女の人

事情によって選択

借金が多くなって返済できない時、毎月少しずつ返したとしても利息が減るぐらいにしかならないでしょう。以前のような厳しい取り立てはないとしても、それなりに催促などを受けるはずです。そのまま返済を続けるより、法律事務所に相談をして何らかの解決策を考えてもらいましょう。借金の額が大きいときに選択する方法として自己破産があります。こちらが成立すれば、その人から借金が亡くなり、一からのスタートが可能になります。自己破産を行うときは、法律事務所にいろいろなことを伝える必要があります。その一つに保証人の存在があります。借入の時に保証人をつけているとき、安易に行ってしまうと保証人に返済義務が移ります。自分自身は返済義務を免れても、保証人が返済しなくてはならなくなります。法律事務所に伝えておけば、保証人との話し合いや、保証人も含めた自己破産の手続きなどを行ってくれます。必要なことを伝えておかないと、後で大きな問題になります。住宅などを保有しているとき、自己破産をすると住宅の保有は継続できません。住宅など資産価値のあるものは売却され、債権者に分配されるためです。住宅を残したいときには、債務を分けて整理できる個人再生などを選択する必要があります。自己破産では、自分で債務を分けることができません。住宅等資産価値を有するものがない時は、特に問題はありません。法律事務所からいろいろ聞かれるでしょうが、正直に伝えればそれに合った対応をしてくれます。