借金の問題は自己破産で解決【弁護士に相談して解決する】

到底完済が難しい場合は

男性

借金支払いを法的に免除

借金返済がどうしても困難である場合、弁護士に相談をして債務整理を行う方法があります。債務整理といってもいくるか方法がありますが、一番利用されているのが任意整理です。任意整理は、各債権者から契約開始から直近までの取引履歴を取り寄せて、利息制限法以下の金利に引き直し再計算、過払い金があれば減額に充て減額された借金を分割で3〜5年で完済できるように返済計画を組み直す手続きです。この手続きができる条件としては、継続した収入があり3〜5年以内に完済をする返済能力があることです。しかし、任意整理の手続きをしたとしても5年以内の完済が難しい、自己保有の財産を一部処分する個人再生で検討してもどうにも難しい場合、自己破産を視野にいれる必要があります。自己破産とは、簡単にいってしまえば借金を法的に返済しなくてもよくなる手続きです。借金返済をしなくてもいいのであれば、多くの方が自己破産を選んだ方がいいのではとなりますが、自己破産をするには要件があります。将来の収入や自己保有の財産を処分したとしても到底完済が難しい、借金をつくってしまった理由がギャンブルやショッピングなどではないことが条件となります。そして、裁判所にて支払い不能であると認めてもらうことで免責となり、借金支払いを法的に免除してもらうことができます。その代わり、住宅や車など価値がある財産は処分しなければならないですし、破産してしまった事実は信用情報機関だけでなく官報にも掲載されます。