借金の問題は自己破産で解決【弁護士に相談して解決する】

弁護士依頼がおすすめ

説明

書類作成の代行のみ

債務整理は、個人で直接債権者と交渉するよりも法律の専門家である弁護士または司法書士に依頼するのが一般的です。弁護士に依頼すると費用が高いイメージがあるから、司法書士に依頼したほうが費用が抑えられると考える人もいるのですが、おすすめなのは弁護士に依頼をすることです。安いからという理由で司法書士を探しても、弁護士であれば誰に依頼をしても債務整理を引き受けてもらうことができます。しかし、債務整理を依頼してもすべての司法書士がその手続きを代行できるわけではなく試験を受けて認定司法書士とならない限り交渉の代理人となることができないのです。また、依頼できたとしても140万円以下の債権しか取り扱うことができないです。債権額が小さく任意整理であれば代行できるのですが、個人再生や自己破産となると交渉の代理人となることはできないのです。それでも、個人再生や自己破産は書類の作成は代行してもらうことができます。裁判所への出廷も自分でできるというのであれば個人再生を依頼してもよいのですが、複数回通わなければならず仕事をお持ちの方はスケジュール調整をしなければならないので大変です。弁護士に依頼をすれば、そういった代理権の制限もないです。初めに司法書士に依頼して任意整理の方針でいたが、債権額が大きく司法書士の手の届く範囲でないと分かり個人再生に切り替えるとなったら弁護士にまた依頼しなければならないので余計に費用がかかります。安価であることは魅力ですが、特に債権額が大きい場合には弁護士に依頼した方がよい場合もあります。