借金の問題は自己破産で解決【弁護士に相談して解決する】

気兼ねなく借金問題を相談

説明

最後の最後までサポート

弁護士に相談することに抵抗を感じる方は多いようです。どうしても敷居の高さを感じてしまう、相談するのに高い料金がかかるなど、最初の一歩を踏み出せないとお感じの方は、司法書士に頼りましょう。特に借金問題を抱えている方は、専門家への相談が急務です。躊躇している暇はないため、気軽に相談できる司法書士は大きな存在です。借金問題を解決するためには、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理が必要です。弁護士に相談することで債務整理は可能ですが、司法書士も債務整理に対応しています。140万円以下の債務額であれば、任意整理の代理人となれます。また、個人再生と自己破産であれば、書類作成代理人となれます。書類作成代理人であっても、借金問題の解決まで二人三脚でサポートしてくれるため安心です。大規模な法人の破産手続きでない限り、弁護士と同等のサポートを受けられます。弁護士との違いは、支払う報酬額です。個人再生にかかる弁護士報酬は、おおむね40万円から50万円ほどです。それに対し司法書士報酬は、おおむね30万円前後となっています。ケースによっては弁護士報酬の半額ほどで収まり、費用負担を大きく減らせます。司法書士事務所の中には、報酬の分割払いに対応しています。一括で支払う必要はない上に、分割回数は柔軟に対応してくれるため安心です。司法書士は、街の法律家として気軽に相談できる存在です。登記や相続の相談だけではなく、借金問題にもスピーディーに対応してくれます。借金に悩まない日々を手にするために、まずは気軽に個人再生の相談をされてはいかがでしょうか。